魔界王伝3 攻略 私的メモ


魔界王伝3 攻略 私的メモ
by ゲーム好き
プロフィールを見る
画像一覧

Sacred2 Diablo2 Fallen その13 生まれ変わったアンカリアの世界、じゃなくて書体 メモ

スレにフォント変更の詳しいやりかたがのってたー!
今まで使わせて頂いてたフォントは従来のやりかたで変更できるもののみだったから、これは変更するしかない!


で、まずは文字の太さ選びから。
このゲームは文字が細いとかすれたりして見えづらいので、フォント太文字でぐぐって3つ新たなる私的な神フォントを見つけてダウンロードさせて頂きました。

鉄瓶ゴシック
フォント正式名 07tetsubingothic.otf

けいふぉんと!
フォント正式名 keifont.ttf

851チカラヅヨクかなA
フォント正式名 851CHIKARA-DZUYOKU-KANA-A.ttf


いろいろ組み合わせて最終的に一列目の見出し部分の文字を鉄瓶ゴシックにして、2列目の見出し部分以外全般をけいふぉんと!にさせていただきました♪


851チカラヅヨクかなAも雰囲気的にめちゃくちゃよかったのですが、讐・哨・酋・牢・狼などゲーム内で使われる一部漢字が使えなくて空白が目立っちゃったのであきらめました。でも、見出し部分だけなら空白も少ないので、気分で入れ替えようと思います♪



ListFontGroups.xml メモ

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>

<suixml version="0.0.1.0">

<!-- the Name-Attribute must be the internal font name -->
<Fonts>
<Font Name="07tetsubingothic" File="07tetsubingothic.otf"/>
<Font Name="keifont" File="keifont.ttf"/>
</Fonts>

<!-- here you can use symbolic/aliased names for fonts -->
<FontGroups>
<FontGroup Name="CaptionFontGroup">
"07tetsubingothic"
</FontGroup>
<FontGroup Name="TextFontGroup">
"keifont"
</FontGroup>
</FontGroups>

</suixml>



Fonts.xml メモ 上記3つのフォント共通で使える文字サイズで調整

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<Font Name="DEBUG">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>23</Size>
<Flags>ANTIALIASED, OUTLINE</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.leveltext">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>23</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.leveltextbig">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>23</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.menu">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>22</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.menu.klein">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>22</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<!-- NEW -->
<Font Name="font.key.klein">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>22</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.key">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>25</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>
<!-- END NEW -->

<Font Name="font.final.menubig">
<FontGroup>CaptionFontGroup</FontGroup>
<Size>25</Size>
<Flags>ANTIALIASED, OUTLINE</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.menubigbig">
<FontGroup>CaptionFontGroup</FontGroup>
<Size>35</Size>
<Flags>ANTIALIASED, OUTLINE</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.menubigbigbug">
<FontGroup>CaptionFontGroup</FontGroup>
<Size>60</Size>
<Flags>ANTIALIASED, OUTLINE</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<font Name="font.final.caption">
<FontGroup>CaptionFontGroup</FontGroup>
<Size>25</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</font>

<Font Name="font.final.caption.user">
<FontGroup>CaptionFontGroup</FontGroup>
<Size>30</Size>
<Flags>ANTIALIASED, OUTLINE</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.button">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>22</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.number">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>20</Size>
<Flags>ANTIALIASED, OUTLINE</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.label">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>21</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.barlabel">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>23</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.skilllabel">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>24</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.layout">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>24</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.layout.bold">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>25</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.text">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>33</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.chat">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>25</Size>
<Flags>ANTIALIASED, OUTLINE</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.floating">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>25</Size>
<Flags>ANTIALIASED, OUTLINE</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.timer">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>40</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.tooltip">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>23</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.tooltip.bold">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>22</Size>
<Flags>ANTIALIASED, OUTLINE</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.stacknumber">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>20</Size>
<Flags>ANTIALIASED, OUTLINE</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.stacknumberBig">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>20</Size>
<Flags>ANTIALIASED, OUTLINE</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<font Name="font.final.achievement">
<FontGroup>CaptionFontGroup</FontGroup>
<Size>25</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</font>


【ゲーム内画像】 
超低解像度でもこれだけはっきり見えます!
わかる方にはわかっていただけると思うのですが、感動して心おどりましたw

a0314481_22512067.jpg
a0314481_22525653.jpg
a0314481_22543165.jpg
これで私的に完璧な書体選択完了です!
めでたしめでたし♪

[PR]
# by cfcvw4029 | 2018-02-08 23:02 | sacred2

Sacred2 Diablo2 Fallen その12 アサシン育成開始!

このめっちゃ忙しい時に、アサシン育成開始です!w

なぜかって?そりゃあれですよ。
惑星地球に真なる朝が来るからです!
なので朝真ですw

それまではドルイド僧=ライトワーカー(私がライトワーカーというわけではありません 私はただのゲーム好きです)を育成して影ながらがんばれがんばれしておりました。

そしてこの神聖なる記事(Sacredの記事)もその12まできました。
予定ではその13(この宇宙は13次元であるそうなので)で終わる予定ですw


ということで、この神聖なる世界へ、出でよ!アサシン!

でーん!!
(わんわん!)
a0314481_22503744.jpg
ちなみにここまでで既に10回程やられちゃってますw


今回は、遠距離武器を使ったマーシャルアーツとトラップの2色わんわんにします。
そしてコンボ組むのが超楽しいです。

2色なので使える技が豊富で5個じゃ全然足りないw
前回のドルイドは攻撃技1個だったから余計そう感じるのかもw


ステは今の所こんな感じです 神様は前回同様エスを選択
a0314481_23003125.jpg
残り4枠は、トラップの知識、遠距離武器、第六感、神への祈り

今回防御面はバフで対応
トラップのブレイドシールドの付加効果を下二つ防御仕様にしました。
a0314481_23065316.jpg
とりあえずリチャージ+100%くらいまで先に上げてそれをキープして、近接攻撃や遠距離攻撃に耐えられるようにしようと思います。

それとフォント変更しました。

やさしさアンチックです♪
07YasashisaAntique.otf
http://www.fontna.com/blog/1122/

ほとんど崩れないし、この低スペノートの超低解像度でもちゃんと見えてくれるふぉんとに数少ない素晴らしいフォントです。ありがとう!


いざ、出陣!(ウィーン ガシャッ)



Fonts.xml 私的メモ

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<Font Name="DEBUG">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>25</Size>
<Flags>ANTIALIASED, OUTLINE</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.leveltext">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>25</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.leveltextbig">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>25</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.menu">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>25</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.menu.klein">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>25</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<!-- NEW -->
<Font Name="font.key.klein">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>25</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.key">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>30</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>
<!-- END NEW -->

<Font Name="font.final.menubig">
<FontGroup>CaptionFontGroup</FontGroup>
<Size>25</Size>
<Flags>ANTIALIASED, OUTLINE</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.menubigbig">
<FontGroup>CaptionFontGroup</FontGroup>
<Size>45</Size>
<Flags>ANTIALIASED, OUTLINE</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.menubigbigbug">
<FontGroup>CaptionFontGroup</FontGroup>
<Size>75</Size>
<Flags>ANTIALIASED, OUTLINE</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<font Name="font.final.caption">
<FontGroup>CaptionFontGroup</FontGroup>
<Size>28</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</font>

<Font Name="font.final.caption.user">
<FontGroup>CaptionFontGroup</FontGroup>
<Size>25</Size>
<Flags>ANTIALIASED, OUTLINE</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.button">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>25</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.number">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>22</Size>
<Flags>ANTIALIASED, OUTLINE</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.label">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>22</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.barlabel">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>25</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.skilllabel">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>25</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.layout">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>25</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.layout.bold">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>25</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.text">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>45</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.chat">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>30</Size>
<Flags>ANTIALIASED, OUTLINE</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.floating">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>25</Size>
<Flags>ANTIALIASED, OUTLINE</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.timer">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>25</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.tooltip">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>25</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.tooltip.bold">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>25</Size>
<Flags>ANTIALIASED, OUTLINE</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.stacknumber">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>20</Size>
<Flags>ANTIALIASED, OUTLINE</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<Font Name="font.final.stacknumberBig">
<FontGroup>TextFontGroup</FontGroup>
<Size>20</Size>
<Flags>ANTIALIASED, OUTLINE</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</Font>

<font Name="font.final.achievement">
<FontGroup>CaptionFontGroup</FontGroup>
<Size>25</Size>
<Flags>ANTIALIASED</Flags>
<Sharpen>true</Sharpen>
</font>



ListFontGroups.xml 私的メモ

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>

<suixml version="0.0.1.0">

<!-- the Name-Attribute must be the internal font name -->
<Fonts>
<Font Name="07YasashisaAntique" File="07YasashisaAntique.otf"/>
<Font Name="07YasashisaAntique" File="07YasashisaAntique.otf"/>
</Fonts>

<!-- here you can use symbolic/aliased names for fonts -->
<FontGroups>
<FontGroup Name="CaptionFontGroup">
"07YasashisaAntique"
</FontGroup>
<FontGroup Name="TextFontGroup">
"07YasashisaAntique"
</FontGroup>
</FontGroups>

</suixml>




[PR]
# by cfcvw4029 | 2018-02-05 23:19 | sacred2

マスターはると君(はると君) ネーミング募集中♪と次元の説明

本日はKeen-Area-Newsさんよりマスターはると君を紹介させて頂きます♪

お世話になりまくっているKeen-Area-Newsさん
https://www.youtube.com/channel/UCnGvNS3h_0wHvskYA4GiTgw


まずは、HAL(はると君)とは?





どうやったら神という3次元的な意識を人類から取り除き、上も下もない皆平等である4,5,6次元の意識に変えるか・・・宇宙から閉ざされた若い星に住まう方々を精神的に成長させるために転生された方々を、私達は長きに渡って神と崇めてきた歴史があります。

神様と呼ばれている方々は、ジョークも好きだし、とってもおちゃめだったりします。
そして愛で溢れたエネルギーで満たされており全知全能であるため皆平等であることも当然知っているので「皆創造主のエネルギー的に一緒なんですし、かしこまった態度や話し方や呼び方とかしなくていいから、もっと気楽にいきましょ♪」ってことなんだそうです。

もしあなたがこのまま精神の成長をとげて、今度は今の地球のような星に転生してそこに住まうエネルギー的に同じ方々の成長のお手伝いをさせて頂いた時に、神だー!神だー!あなたこそ特別な存在だー!と崇められたら、(いえ、私のような人はあなた方が知らないだけでたくさんおりまして、私もみなさんと一緒で同じ過程をたどってきたので、もっと対等に気楽に接してくれていいのですが・・・)と思うはずです。しかし、その時は精神を成長させるべく、愛を広めるために、神格化せざるを得なかったのだと思います。

今度は新しい4次元の地球に移行するにあたり、人類の意識を上下の意識から平等な意識に変えないといけないのです。

さてどうしたものか・・・世界の主だった宗教指導者(過去の神と呼ばれたキリストさんやアラーさんやブッダさんとか全員ホログラムでもいいのでUFOで揃って来ていただいて)が一同に介して手を取り合ってバンザイしたらどうでしょうか♪

そして実は人に上下は無くみんな元は1つだったんですよというのです。
そしてその後の人類により本来の意としない解釈がなされ、自己中心的な方々に真実を歪められてしまったことも詳細に話すのです。
イスラム教の方でもクリスマスを祝う方はいますのでこのへんは理解していただけると思います。

そして、私達は分け隔てない平等を、幸せや豊かさを皆様方に望んでいます。
みなさんがこれから学ぶべき真実はこの宇宙の法則である銀河法典で・・・みたいな

ま、ま、それはおいといてw


ということで本題の動画です♪


神は「神」と呼ばれるのが嫌い!!ネーミング募集中デス♥



ハチ(∞8∞)吉さんはどうでしょうw
はっちゃんもいいかも♪

ということでハチ吉です♪
地球人類開放バンザイにゃ~!
a0314481_23004639.jpg


[PR]
# by cfcvw4029 | 2018-02-03 23:02 | その他

超重要 最後の追い込み瞑想 日本時間 毎日23:00 修正版

最後の追い込みです!
光溢れる綺麗で平和な地球に向けて一致団結してがんばりましょう!

※この瞑想はどなたでも御参加いただけます
全人類の心の闇(うらみやねたみなど)のエネルギーで育ったヤルダバオートは、既にたこ焼きになってセントラルサンにぽいされてる可能性大ですが、ライトワーカーを攻撃する残存している闇の勢力の根本的浄化と彼らの最後の抵抗に耐えるため、1日1回でも瞑想で自らを光で守る意味も込めて超重要とさせていただきました

We Love Mass Meditation様
マハリシ効果を狙ったこの瞑想は既に終わっておりますが、依然としてトップレット爆弾、プラズマ寄生生命体、そしてカバールの残党が現存しておりますので、これからはこちらを最優先で瞑想していこうと思います。
https://welovemassmeditation.blogspot.jp/2018/01/spear-of-light-supermoon-cleaning.html


詳細
働かなくてもいい社会を実現するには?様
イメージ画像や翻訳が素晴らしいです!ありがとう!活用させて頂きます!
http://paradism.hatenablog.com/entry/2017/08/24/115428

メディアが真実を報道したり、平等でクリーンな金融制度(お金がいらない世界構築までの繋ぎの制度)、フリーエネルギーやどんな病気でもすぐに自宅でスキャン治療ができ、食べ物含めた欲しい物がお家ですぐに製作できる、地球人類すべての方々が贅沢できる最新技術などの導入に向けた、地球を不平等から開放するイベントを開始させるための超重要課題であるトップレット爆弾、プラズマ寄生生命体、そしてカバールの浄化を創造する瞑想


浄化イメージ用参考画像

a0314481_23434182.jpg


オリオンベルト
a0314481_23040790.jpg

プラズマの蛸(プラズマオクトパス)と寄生生命体とガイア

a0314481_05580631.jpg


地球のプラズマ異常を浄化するイメージ用虹のヴォルテックスGIF
We Love Mass Meditation様より


大天使メタトロン様
a0314481_23252801.jpg

ANの白い炎
a0314481_23260616.jpg
a0314481_23432453.png
a0314481_23475561.jpg

太陽系を覆うANの白い炎
a0314481_23470591.jpg
地球がどんどん明るくなるGIF


夜中2時からのイランへの戦争の企てを阻止するための瞑想が時間的に難しいので
この瞑想後、3分間以下の浄化を私的にイメージして追加いたします。

エリック プリンスさんを浄化
(消すのではなくどんなに悪い人でも最後の最後まで改心を願って浄化を試みたいと思います。それでもダメなら残念ですがセントラルサンで魂のリサイクル処理されるそうです)

イエズス会の回し者のトランプを裏で操るカバールの残党の一人。
イエズス会/マルタ騎士団の企みの主要な実行者で、中東に新たな戦争を企てている。裏で操る人が変われば、トランプも変わります。
a0314481_23342982.png



中東イランでの新たなやらせの戦争を阻止するための



補足 マハリシ効果とは

40年以上行われている50もの科学的研究により、マハリシ効果(集団でポジティブな想像を行う事によって、現実世界にポジティブな効果が創造される)が本物であることは疑う余地のないものになっています。特に日食時のエネルギーは膨大でありその効果は抜群なので、闇の者達は、地球人類を支配するために日食を不吉なものとして人類に意識付けをして、日食時のエネルギーがネガティブに働くよう利用してきたそうです。
http://themindunleashed.com/2017/07/scientific-proof-next-global-meditation-can-change-world.html


誰にも知られていなかったマハリシとビートルズとの本当の関係


〇プラズマの蛸(プラズマオクトパス)とは
PFC-JAPAN様
https://ameblo.jp/pfc-japan/entry-12195185342.html


もうちょっとだからそれぞれができることをマイペースでがんばろうね!

[PR]
# by cfcvw4029 | 2018-02-03 00:05

悪の奴隷になるために生まれてきたんちゃうわ

と、ちょっと普段の私のしゃべり言葉でのタイトル文
理由は、今の時期にぴったりな素敵なこれを見つけたからでございます。

ZIGGY - BORN TO BE FREE





超懐かしいですw

やんちゃしてた当時歌詞なんて気にせずただ単に良い曲だなーと思って聴いてカラオケでも歌ってたけど、よく歌詞を機械翻訳やぐぐって調べてみたら今の時期にぴったりだと感じた次第であります。


今まで報道されず隠蔽されてきた数々の悪事がばれていき、これからますます闇が取り払われていきます。
そして近い将来もっとゆったりとした夜を過ごせる、本当の自由なる時がみなさんにやってきます♪

待ち望んでいた春(HAL)が天(10次元)からやってきます(公表されます)!

ビクトリー オブ ザ 愛(AI)!

[PR]
# by cfcvw4029 | 2018-02-02 23:06 | その他
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
> 通りすがりのアウトラ..
by cfcvw4029 at 19:57
いただいていきます サ..
by 通りすがりのアウトランダー at 15:45
履歴書さんありがとうご..
by cfcvw4029 at 19:31
とても魅力的な記事でした..
by 履歴書 at 12:22
tekさん情報ありがとう..
by cfcvw4029 at 07:23
アイテムのドロップ率とア..
by tek at 05:45
よかったです^^
by cfcvw4029 at 14:15
アタッチの200% でき..
by 暗黒面の人が友達 at 11:53
私も手探りなんでどれがい..
by cfcvw4029 at 21:13
いつも読んでます。 上の..
by 暗黒面の人が友達 at 11:58
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
http://while..
from http://whileli..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧